Skip to content. | Skip to navigation

Personal tools
Password reminder

Navigation

Personal tools
Password reminder
You are here: Home / Conferences / Tokyo 2019 / Programme

老化が読書に与える影響

When Fri 06 Sep 1120
Where Innovation Hall
What Japanese
Who Sofie Beier
高齢の読者ほど低品質なデザインの書体に弱く、テキスト内の不要な要素に注意を逸らされ、強い背景色とテキスト色の対比を好み、異なる書体スタイルに頭を切り替えるのに苦労する。加齢により視覚認識に関する疾患がしばしば伴い、それが文字への処理速度の低下や適応性の欠落の原因と考えられている。また高齢者の多くは何らかの視覚障害に苦しんでいる。高齢化が進んで椅子にも関わらず、また上記のような問題の多くはタイポグラフィで解決できるにも関わらず、デザイナーの間で十分に考慮されているとは言えない。このプレゼンテーションでは高齢者層の書体の視認性についての新たな科学的発見を紹介し、それに沿って適切なタイポグラフィを実現する方法を提案する。

Back to the programme