Skip to content. | Skip to navigation

Personal tools
Password reminder

Navigation

Personal tools
Password reminder
You are here: Home / Conferences / Tokyo 2019 / Programme

Sandra Garcia

Sandra García received a bachelor’s degree in graphic design from the Universidad del Área Andina, Columbia, an architecture degree from the Academia Superior de Artes, Columbia, and a master’s degree in typographic design from the Gestalt Center for Design Studies at Veracruz, Mexico. She has lived in Mexico for five years and has been a graphic designer for thirteen years, ten of which she spent teaching in the areas of editorial design and typographic design. García has taught at the Pascual Bravo University Institution, the Universidad del Área Andina, and the University of Communication in Mexico. She has lectured throughout Mexico and Latin America on typography. サンドラ・ガルシアはコロンビアのアンディーナ地域大学のグラフィックデザイン科卒、コロンビアのメデリン高等芸術大学の建築科卒、メキシコのゲシュタルトデザインセンター大学のタイポグラフィ・デザイン修士課程修了。5年前からメキシコを拠点としている。過去13年グラフィックデザイナーとして活動しており、そのうちの10年間は編集デザインやタイポグラフィ・デザインも教えている。コロンビアのパスクアル・ブラボー大学、アンディーナ地域大学、メキシコのコミュニケーション大学など、メキシコや南米の様々な学校でタイポグラフィを教えている。

At ATypI Tokyo Sandra Garcia will be speaking at:

Back to the programme