Skip to content. | Skip to navigation

Personal tools
Password reminder

Navigation

Personal tools
Password reminder
You are here: Home / Conferences / Tokyo 2019 / Programme

Thomas Mullaney

Thomas S. Mullaney is Professor of Chinese History at Stanford University, a Guggenheim Fellow, and the curator of the international exhibition Radical Machines: Chinese in the Information Age. His work has appeared in the Journal of Asian Studies, Technology and Culture, Aeon, Foreign Affairs, and Foreign Policy, and has been featured in the Los Angeles Times, the Atlantic, the BBC, and in lectures at Google, Microsoft, Adobe, and more. He holds a PhD from Columbia University. His current project, entitled Hot Metal Empire: Script, Media, and Colonialism in Asia, Africa, and the Middle East, is a modern history of non-Latin type design. トーマス・S・マラニーはスタンフォード大学の中国史教授、ジョン・サイモン・グッゲンハイム記念財団会員、国際的展示『革新的機械:情報化社会のなかの中国語』のキュレーター。彼の仕事はジャーナル・オブ・アジアン・スタディーズ誌、テクノロジー・アンド・カルチャー誌、イーオン誌、フォーリン・アフェアーズ誌、LAタイムズ紙、アトランティック紙、BBCなどに登場し、、またグーグル、マイクロソフト、アドビ等で講演もしている。コロンビア大学博士号保持者。現在のプロジェクトでは『ホットメタル帝国:文字とメディアとアジア、アフリカ、中東の植民地主義』と題し、非欧文書体デザインの近代史を紐解いている。

At ATypI Tokyo Thomas Mullaney will be speaking at:

Back to the programme